2021年3月10日水曜日

それでも大好き (2012年10月13日作品)

 いきなりそれは始まった。最初は何が何だか分からないまま泣く事も忘れ呆然とするしかなかった。

なぜ?どうして?自分がいったい何をしたのか。
いくら考えても分からない。分からないよ。
鬼のように歪んだ顔の母の手が頭や顔やお腹に降りかかって来る。
だけど知っている。もう少し辛抱すれば収まる。収まってしまえばきっとまた自分に笑ってくれる母に戻ってくれる事を。

虐待。
何かの拍子にスイッチが入るようにそれは気まぐれに襲いかかってきた。
またいつものように嵐が過ぎ去るのを待っていたのだけれど今回はちょっと打ち所が悪かったみたいだ。どんどん意識がなくなる。
僕の身体が悲鳴をあげている。同時に母の心も悲鳴をあげているようだった。
何がいけなかったんだろう。
近所の人が警察に通報したのだろう。
僕は病院に運ばれ母は警察に連れて行かれた。

「お前のせいだ。お前がいなければ。お前なんか生まれてこなければ良かったんだ」

何度となく聞かされた言葉。
何度も言われるうちに何も感じなくなってしまった。

そっか。母がそう望んでいるならそれに従おう。
そう思ったら気持ちが楽になった。

今度生まれてくる時は望まれて生まれてきたい。
「かあさん」最期に思い浮かぶのは母の笑った顔。
懐かしいな。それでも大好きだよ

2021年3月4日木曜日

かくれんぼ (2011/11/28作品)

編集部より出された3つのお題を使って作品をつくる「三題話」「まつたけ、化粧、虫」

----------


季節は新緑が似合う時期を過ぎ、木々が赤や黄色と自己主張をし始めた頃のお話。

山のどこかで松の木母さんの声が聞こえた。
「さあ、坊やたち。これからかくれんぼを始めるよ!頭は絶対出しちゃだめ。頭を隠したい子は落ち葉を頭にかぶせときな。ほら足音がそこまで来ている。大人しくするんだよ」
カサカサと足音と共に今年も松茸を探しに人間がやってきた。


子ども達はわくわくと身を潜める。
毎年同じお爺さんが腰を曲げながら松茸を探しにやってくる。本当に必要な分だけ捕っていく。そして松の木を見上げいつも声を掛けてくれるのだ。


「松の木よ、今年も豊作かい?お前の周りには毎年たくさんの松茸があるから助かるよ」
それに応えるように風が松の葉をザザーッと揺らす。
「どれ、この辺りかな」と一つ松茸を籠に入れる。「わあ、見つかっちゃったあ」楽しそうに籠の中で騒ぐ。子ども達が籠の中でぎゅうぎゅうと身動きできなくなる頃、お爺さんは痛む腰をトントンと叩き帰り支度をする。
「松の木よ、今年はこれだけ頂いて行くよ。また来年も頼むよ」そう言いながら松の木を軽くポンポンと叩き山を下りていく。


昔松の木はこのお爺さんに傷ついた枝を治療して貰った事があった。その翌年からこのお爺さんにだけ松茸を分けているのだ。可愛いわが子をこの人になら渡せると思いながら。


根元にいる虫達は「今年の秋もそろそろ終わりだね」などと冬支度に忙しい。
もうすぐ冬がやって来る。お爺さんが歩いた山肌には雪化粧。一面真っ白になるだろう。季節は巡りやがて春になり眩しい日差しの夏を迎える。着々と時は過ぎまたかくれんぼの秋がやって来る。


きっとお爺さんはまた話しかけてくれるだろう。


「松の木よ、今年も豊作かい?」


「また来年も頼むよ」と。


はい、来年も再来年もあなたが来て話しかけてくれるならお待ちしています。
子ども達とかくれんぼをしながら。

そう季節の風に乗せた。